生活保護のとりけし

生活保護に関しては、不正なことを行ったことがばれると取り消し作業が行われたり、不正受給した分を返金するようにいわれることもあります。

まずは、生活保護資金を自分の必要な生活費に利用せず、別の使い方をしたような場合、生活保護が取り消しになる場合があります。さらに、保護が取り消しになった場合ですが、返金を求められることもあります。

生活保護の支給金額は、最低生活費なため、最低限の生活に当てる以外のことはできないはずです。そのため、それを商売に使ったりする事はできないはずなのです。そのため、生活保護に関しては、生命保険などの加入にも使えない事になっています。

保険の掛け金を支払う余裕は、本来ないはずです。保険に加入できないため、生活保護者が、治療費も生活保護費からまかなわれたりします。もし、そのような状況を把握せずに、他人に権利を贈与したりすることがあれば、生活保護の取り消しと返納を求められる事もありますので、かなりの注意が必要でしょう。

生活保護に関しては、たとえそれが近い親類だったとしても、それぞれの世帯で、申請するものです。そのため、本来は最低生活費のみの現金支給で、まったく余裕がないはずです。それなのに余裕があるということは何かがおかしい場合があります。

生活保護は、生活を保護するもので、資産をつくるものではありません。自分の生活をしっかりと保護し、早く自立するようになりましょう。その手段には慎重である必要があります。なぜなら、やり方を間違えると返納させられることがあるからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする