現状の報告

基本的に、生活保護を受けている場合、浪費などをしていたり、受給額から逸脱するような場合に、かなりの注意がされます。例えば、家庭内で色々な状況が変化した場合は、すぐに担当と相談することが求められます。

例えば、収入が変わるような場合は、常の報告する必要があります。それは受給金額と関係があり、収入が増えているのに、沢山受給してしまうようなトラブルを避けるためにも大切です。

そして仕事をやめたりという色々な仕事に関する条件は、報告する必要があるでしょう。さらに、家族の人数が変わった場合や、家賃などが変わった場合も同じです。さらに、できれば、大きめの買い物などに関しても、任意ではあってもお知らせしておくほうが無難でしょう。

基本的には色々な状況があるなか、生活に関わる部分に変更がある場合は、逐一相談しておくことがいいかもしれません。そしてその報告に応じて、担当者が、色々なアドバイスをくれるでしょう。

収入アップやダウン、仕事の変更、住所の変更など色々な条件がかわってきます。生活保護を受けているからといって、すべてを公にしなければいけないわけでもないですが、やはり保護を受けている限り、色々と相談しながら、受給する事が安全でしょう。

不正受給などを考えるとあまりトラブルとかかわり合いたくないものです。そのため、かなりしっかりと丁寧に担当者と相談することがおすすめです。多少面倒でもしっかりと相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする