生活権利

生活保護受給者であるからといって、色々な制約はありますが、すべての人権が侵害されるわけではありません。あまりそのような状況が起きる事で、逆に社会的に問題が生じる必要があります。そして、さらに生活保護を受給すれば、救う事ができる家庭の状況まで悪化させてしまうことがあるわけです。

生活保護に関しては、受ける権利があるので、受けてもいいですが、だからといって、特に差別を受ける必要はありません。そして、基本的に人権も守られるべきです。

色々な制約がある分、現物支給もされます。そして、これらの支給に関しては、税金がかかってきません。そして一旦認定がされたのに、特に理由もなく、その生活保護が打ち切られたりすることもありません。

そしてこれらの権利をしっかり保護するために、福祉事務所が生活保護の申請を却下したり、変更したりという場合には、その通知から60日以内に、県知事に不服申し立ても行うことが可能です。例えば、自分が受けている資格を他人に譲渡することが禁止されています。

自分が受けた権利は、自分でしか実行できません。そしてその受給資格は、あくまで自分のためのものでしかないわけです。受給資格をどうしてもほしがる人もいるでしょう。しかしそのような資格を売買することも、譲渡することも不可能なわけです。

そのため、そのような不正利用がわかった場合は、自分の受給資格に関してもリスクを背負うことになるでしょう。基本的に、そのような不正行為は絶対にいけません。考えることも辞めておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする