妊産婦加算

色々な加算の中で、興味深いのは、妊産婦加算です。これは、妊娠をしていたり、出産をする場合の加算で、これは、生活保護をうけている家庭のお母さんが妊娠している場合に加算されます。

これは、届け出がないとわからないことなので、その届け出があることで、初めて実行される事になっています。

加算に関しては、妊娠していることを証明するため、母子手帳や診断書などが必要となります。

加算制度に関しては、妊娠認定月の次の月からの加算になります。そして、産婦に関しては最大6ヶ月まで加算されます。さらに、出産前に生活保護を受けていた場合は、妊婦加算が認定される場合もあります。

基本的には、色々な条件に応じて加算されるので、まめにケアワーカーなどと相談することが大切です。そして、色々な条件に応じて自分のケースは加算される内容があるのかどうかというところを確認しながら、進めていく必要があるでしょう。

日本という国の社会保障の一つが、生活保護です。やはり妊産婦に関しては、病院などに入院している場合などは、それらの支援も必要な場合があります。しっかりと支援を受けて、子どもを元気に産み育てることが大切です。

生活保護に関しては生活保護認定を受けてから、子どもを作っている場合も有るかもしれませんし、逆に普通に生活していて、なんらかの条件で、子どもを作ったタイミングで、生活保護が必要となる場合もあるでしょう。加算内容なども状況に応じて違いますので、確認しながら申請などを進めるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする