障害者などの場合

色々な条件が変わってくるとそれに合わせて、支給額などが変わってきます。そのような内容に合わせて、支給額にインパクトを与える内容もありますので、その特に大きな影響に関しては、ご紹介したいと思います。

障害者が世帯にいる場合は、生活費に障害者加算というのが加わる場合があります。このような場合、障害の度合いにもよりますが、特に1級、2級、3級の人の場合は、これに該当したりします。

しかし、これを認定してもらうためには、身体障害者手帳、そして国民年金証書などを提出する必要があります。

在宅患者加算というのもあります。これは、3ヶ月以上の治療が必要な場合、栄養補給をするために、必要な費用が加算される場合のケースです。例えば、このような場合は、在宅で治療しているような場合でも対象になります。

さらに、放射線障害者加算というものもあります。このような場合は、放射線に被爆したことで障害があるような場合の認定がある人はこのような加算が認められます。そして、介護料加算、児童加算というものがあります。

児童の場合は、もし児童福祉施設に入所しているような場合は、実際児童養育は福祉施設で行われているため、この加算から外されるという事になります。

障害者などの加算に関しては、もちろん認定システムと扶助システム、そして、それぞれの保護システムなどと関連があります。そのため、そのような認定があるということが条件になっていたりもしますので、ケアワーカーと相談して関連資格をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする