税金関連の支払いについて

普段は、国民の義務として国の税金や地方自治体の税金などが発生していますが、これらの税金も、状況に応じてその支払いから免除されます。すべてではないですが、生活保護の受給資格を得る事で発生していきます。

まずは、固定資産税、市町村の住民税、そして国民年金に関しての支払いも免除されます。さらに、NHK受信料も免除されます。これはとても興味深いでしょう。

保育園などに関しても保育園の保育料も免除になるようなことがあり、それぞれによって、なにが免除になるかという部分がちがいますので、確認をとる必要があります。基本的には、調査をされ、免除になるか最終決定がくだされます。

そのため、自分からしっかりと申請をしたり、アピールをする必要があります。

妊娠などしている人がいる場合は、牛乳の支給があったりと、とても興味深い支給内容の支給もありますので、どのような支給があるのか、地方自治体に確認することも大切でしょう。

外国人の場合は、民族独自の学校などにいかせる場合は、外国人教育扶助というものが支給される場合もありますので、是非問い合わせてみましょう。

色々な支援ですが、かなり地方自治体によって違います。そのため、その地方自治体に問い合わせてどのような支援があるのかを確認することが大切です。すべての地方自治体で同じサービスや支援があるわけではないので、やはり理解を深めることからすべて始まるといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする