教育扶助

生活保護を受けている場合は、教育費にお金がかけられる余裕ももちろんありません。そのため、子どもがいる世帯の場合は、こども教育に関しての教育費の扶助の可能性があります。教育費に関しては、特に母子家庭などでは、関連が深い可能性があると言えます。

この中には、学費だけでなく、給食費や学用品購入の費用なども含まれます。そしてこれは、毎月教育扶助を金銭で支給されることになります。

そのため、すべての費用をまかなうことができるとは限りません。修学旅行などに関しては、教育扶助ではなく、就学援助などで、支給されることがあります。そのため、都度色々な申請をしておく必要があります。

日本では、義務教育は中学までです。高校以上の進学に関しては自己負担になります。そして、自己負担に関しては、教育扶助の対象外ということになります。そして、これらの就学関連の扶助に関しては、しっかりと理解していきましょう。

扶助がない場合でも、学校によっては、奨学金制度などで、奨学生が生徒の見本として、優秀な成績をおさめ、私立などでもしっかりと進学しているようなケースもあります。中には、母子家庭で、支援をもらえない状況でも、色々な奨学金システムを使い、留学までこなしているたくましい子どももいます。

やはり、扶助がもらえることだけでなく、中学を卒業したら、子どもがどのようにより高度な教育を受けることができるのかというところを進めていくことは大切でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする