住宅扶助

生活保護を受けている場合、住宅扶助というものがあります。生活する上で、実はとても大きな負担が家賃です。そして、家賃だけでなく、管理費も含まれたりします。そして、土地代なども含まれる場合もあります。しかし、共益費や火災保険は含まれません。

これは、金銭による支給になります。そして地域によって基準額があり、これに応じて扶助される事になります。そして、敷金礼金、補修や修繕に関する費用もあります。そして本来は公営住宅などに住める事が一番わかりやすいですが、やはり必ずしも基準に見合っているとは限りません。

公営の場合は、比較的生活保護を受けている場合でも、その基準を満たす事が多く、話がスムーズな場合が多いと言われています。公営以外でも住む事は可能ですが、やはりお金などが無駄にかからない場所がおすすめです。

そして、住宅に関するお金は色々と高くつきます。一旦不動産を探していても、なかなか安い物件は事故物件だったりします。そうでない場合は、なかなかとくに狭かったりする訳です。そのため、そのような物件に関して生活保護費が受給されるということを考えるとあまりお金がない人にとっては身動きがとれない場合もあります。

生活保護を受ける場合は、できれば公営住宅などに引っ越しができる事が望ましいと言えます。公営以外の場所の場合は、選ぶ物件を慎重に選ぶ必要があります。できれば、そのような部分もケアワーカーと相談したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする