医療について

生活保護を受けている間も、病気にかかったり怪我をしたりする場合があります。そして、そのような時は、保険などに入っていないため、高額医療費が請求されたりする場合があります。そして、治療費だけでなく、眼鏡や通院の交通費など、そして鍼やマッサージなども大切です。

診察などを受ける場合も、基本的には医療券というものが支給されます。そして、風邪などをひいた場合に、通院を必要とする場合に、印鑑をもっていって申請を行うと、何回か医療券が渡されます。

さらに、医師申請を行うと、その治療期間中は医療権が毎月発行されますそして、生活保護指定医療機関で、診察を受ける事が可能です。逆にいうと、生活保護指定医療機関でないと、診察を受けることが難しいです。

医療補助は、金銭の支給ではなく、現物支給という形での支給となります。そして、これらの費用は突然発生して初めて支給されますので、それぞれの状況に応じて発生します。その上、自分の好きな医師に好きなだけかかる事はできません。

さらに、自己の理由で保険の対象にならない薬を受ける事ができなかったり、自分の好きな医者につく事ができなかったりします。そして、国民健康保険に加入している場合は、国保から脱退する必要があります。

本来は、必ず生活保護指定医療機関で受診することになっていますが、急病の場合などは、他の病院で受診することが認められています。そのため、緊急の状況で、倒れたような場合には、他の病院で緊急対応する事は可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする