介護扶助

介護扶助というものがあります。これは、介護レベルが高い場合などに、扶助される仕組みです。これは、通常ある介護保険と同じようなレベルの扶助が、生活保護世帯に受けられるということになります。

介護扶助に関しては、それを受給するためには、要介護認定を受ける必要があります。そして、要介護認定を受けるためには、申請書とさらに介護保険症が必要となります。そして、これらの書類を役場などに提出すると、扶助の申請が可能です。

通常は、扶助の前に、役人などが認定のために、審査などを行い、その上で申請が決定するわけです。そして、30日内に認定通知がきたりします。

ケアプランを、指定居宅介護支援事業者と通知書を見ながら作り、それを申請することになります。ケアプランは、しっかりとその介護内容と関連してくられる必要もあり、とても大切なものです。

そして、支給ですが通常は、介護サービスを現物支給で受け取ることが可能になるわけです。通常、扶助の対象として、訪問介護、訪問リハビリ、デイサービス、訪問入浴介護などです。ショートステイ、優良老人ホーム入居者介護も含まれます。

色々な扶助がありますが、内容に寄っては、すでに利用料が扶助ではまかないきれない場合もあるということが問題になっています。

そのため、認定がおりている時点で、しっかりとケアプランをたてて、それを申請することで、扶助が受けられるようにすることが大切です。病気や介護といったことは、生活の中で、必ず必要なケアです。人として産まれてから、亡くなるまで、色々な段階があるわけです。その色々な段階でのケアをこれからも大切にしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする