申請の流れ

生活保護に関しては、申請の流れがあります。そのため、しっかりとその流れを把握しましょう。まずは、窓口からです。

申請には、各地方自治体の、福祉事務所に行く必要があります。そして、生活保護の相談窓口に行きましょう。そして生活保護の窓口では、相談に色々のってくれます。そして、まずは相談をするところが大切です。通常は、いきなり申請をすることよりも、相談をしていってから、申請をする方がスムーズにいくともいわれています。

それには理由があります。それは、通常あまり生活保護に関しては、知られていないので、相談をしていくことが大切だからです。そして情報をさらにあつめた上で、知識を増やしてから必要に応じて申請をするという事も大切なわけです。

まずは自分が保護対象かということを確認してください。もしかしたら、保護される対象ではなく、時間の浪費だけしてしまう場合も有るという風に聞いています。そして、あまり体調が良くなかったりする場合もあるかと思います。

そのような場合は、事務所まで行けないケースもあると思います。そのような場合は、事前に電話をし、そのような連絡をしておくことで、担当が家を訪問するケースもあります。

そして面談相談をしている時に、収入や資産についての自分の情報を伝えていきます。そして、色々な利用できる制度がないかというアドバイスをくれたりします。そして、面談相談をしていることで、生活保護の申請をするべきかどうかという判断をされているようです。

そしてこの面談相談で、生活保護しかないということになると、実際の生活保護の申請がスタートするわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする