申請審査

生活保護を申請すると、申請された後、その書類が受理されたあと、大変大掛かりな審査がスタートします。この申請を受け付けた人が、それぞれの状況に合わせて審査がはじまり、基本的には、まずは家庭訪問から始まることが多いようです。

地方自治体は、申請があると、まずはケースワーカーを決めます。そしてそのケースワーカーが、その地域の申請者の自宅に家庭訪問します。そして、そのやり方などはかなりケースワーカーに任せられています。ケースワーカーは、生活状況などを確認していくわけです。

収入に関しては、詳しく質問されます。収入は、ケースワーカーが申請書類に関しての報告書を作る際にまず必要とされている内容なので、関係があります。そして、その生活保護されるべき内容かどうかというところの重要なポイントになるからです。

そのため、まずは収入に関しての質問になります。そして、収入と同時に色々な生活に関しての質問があります。親や親族などに援助ができないか聞いてみるというところが発生します。基本的にもし親などの支援が得られそうな場合は、保護は受けられない事があります。

さらに、年金や手当の確認、そしてそのような事に関しての調査の結果なども確認されます。まずはそのようなチェックをしてどうしてもだめな場合ということで、考えましょう。

そして、生命保険に加入していないかという確認にもなります。生命保険に関しては収入の一部としてみなされることがありますので、解約を薦められます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする