資産がある場合

生活保護を受給するためには、最初に定義として、その人がすでに持っている資産で生活が成り立たない場合ということになっています。それは、例えば資産価値がある物を、持っている場合は、原則的にすべて確認されます。

例えば、不動産や自家用車、そして株券や生命保険などがそれらに含まれます。貯金も、多少あるだけでも生活保護の適応はしてもらえません。

まず、資産を売却し、生活していくことが求められているわけです。そして、不動産など色々とローン返済などが残っている場合は、基本的にすぐに売却する必要があります。このような対応を迫られる理由があります。

それには理由があります。基本的に、ローンなどの支払い義務などがある場合は、そのローンの支払いを生活保護費から行うと、公の税金から、個人資産を構築することになるから、それを禁じていることになるわけです。

実際ローン返済が終わった自宅がある場合は、その自宅を貸し出しに出したりすることを求められます。

そして、もし大きすぎる家屋の場合は、処分することも多いでしょう。それに関しては、理由があり、その売却したお金で当面生活できる場合もあるので、その生活をしてからということになるようです。

生活保護は色々な意味で、制約があります。あるいみ最後の手段的な部分もあるでしょう。しかし、そのような最後の手段としては、色々な支援の内容も確認されたうえで、しっかりと権利を主張することも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする