最低生活とは

生活保護法のなかでは、どのような生活を保障しているかというと、あくまで最低限の生活です。この生活は、全く派手な生活でhはありません。あくまで最低限の住んでいる場所と、そして、そこで発生する食費などに関してです。

生活があまりにおかしな状況になってしまうと、仕事もまともにつく事ができません。そして、それらの生活があまりできない場合は、そのままですと生活が全くできないため、生活の保護が必要となるわけです。

生活保護を受ける場合は、その人がしっかりと将来的に自立できるように支援することが大切です。例えば、病気や怪我、そして高齢すぎて、働きたくてもなかなか仕事につけないような状況で、生活のお金もないような場合もそうかもしれません。

そして、このようなケースだでなく、生活はできるけれど、病気の治療費は全くでない人や、治療費が捻出できないため、病院に行けないような場合が対象になっています。

一般的にニートのようにしっかりと仕事をしていない人ではなくて、仕事をしてたり、困難な状況のため、生活ができないような状況の人に生活を保障するのが生活保護になります。このような状況で、どうしても生活ができない場合は、生活保護制度を申請したらいいのではないでしょうか。

日本の中では、生活保護に関して、あまりいい印象でないひとも沢山います。しかし、そもそも日本国民の権利として、最低限の生活が保障されているわけです。そのため、しっかりと必要に応じて生活保護を申請しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする