憲法第25条

生活保護法の基本的な考え方は、憲法第25条に基づいています。それによると、まず、国民は生存権があり、「健康で文化的な最低限度の生活」が保障されるべきと考えられています。

さらに、国がそのような生活を社会福祉、社会保障や衛生的な意味で、支援するべきということになっています。

そして、人間らしい生活を送る事ができるかどうかということで、その前に、人間として、生きる権利があるということが関係あります。そして、国家はそのような人間の最低限の生活は保障する必要があるわけです。

では、その最低限の生活費はどの程度かかるかということを、日本では厚生労働省が算出しています。そして、そこが作った基準を元に、その人が本当に生活の保護が必要かどうかということを判断することになるわけです。

生活保護を受ける場合は、このような基準がもとになり、実際に受給可能かどうかの判断がされるわけです。そして、実際の申請に関しては、地方自治体が受付窓口を行っているため、申請をその後することになります。

そして、その受給金額ですが、例えば、都心部と農村地帯では、生活費が違うため、色々生活保護費が変わってきます。

そこは、地域差がありながら、生活保護費を受け取ることができるならば、そのような条件で、地域ごとに基準金額の受け取りが可能になる訳です。そして、実際、地域ごとに申請しますので、その地域がどの程度の金額の保障をしてくれるのかということを確認して置きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする