世帯単位

生活保護に関しては、まず、生活保護の対象になる世帯で審査されることを知っておきましょう。これは実はとても大切な情報です。そして生活保護を受けたい場合は、そのような状況を理解しておくことが大切なわけです。

例えば、母子家庭に関しても同様です。扶養に関しても同じです。基本的には保護してほしい個人だけでなく、世帯単位での申請ということになるわけです。例えば、母子家庭に関しては、母子家庭が対象ということになります。

自分の家庭である扶養家族に、病人がいる場合は、やはりその世帯も構成員としてカウントすることになります。そして入院などしている場合でも、その人は同じ世帯の住人としてカウントされます。そして、長期入院患者などがいる場合は、世帯分離などの処置が取られる場合もあるようです。

このように、最終的な自立のため、現在の生活を保護するというセーフティーネットが、生活保護です。そして、この生活保護から自立するために、必要な支援を行っていくという制度になります。

通常は、このような生活保護のため、社会全体でサポートしていうという体制がとられます。例えば、民生委員などが定期的にご家庭に伺って、生活に関してのアドバイスを行っていったり、複数の面でのサポートもしていくのが通常のプロセスです。

生活保護というとお金だけの支援を考えがちですが、必ずしもそれだけということではありません。しっかりと自立に向け、支援を進めていくということになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする