生活保護の歴史

生活保護に関しては、生活保護法に基づいて運用されています。生活保護に関しては、それまでと第2次世界大戦後変わっています。それまでの帝国主義と違った、民主主義の中、生活保護法が制定されました。そして、そこから歴史が始まっています。

それまで帝国主義で世界が動いていた中、やはり人として色々な人たちに人としての人らしく生活していく権利があるという事がありました。そのため、そのような権利を保護するためにできた制度が生活保護法です。日本では生活保護法は、戦後5年たった1950年には制定されていました。

そして生活保護すべき内容などが、都度変更されています。なぜならば、元々1950年以前の保護法では、条件を満たしていれば、すべての居住者対象だった保障ですが、1950年以降は、日本国籍を持っているものだけが対象になりました。

そして、再度1954年には、正式な理由で国内に住む外国籍の人たちも対象になるようになりました。このように何度か、仕組みや対象などに変化がありました。

色々な経済や条件に応じて、国の法律は改定を繰り返しています。そして、生活保護法も同じような経緯があります。そして、その中、対象やその受給資格の取得方法などが少しずつ変化があります。

このサイトでは、しっかりとこのような歴史を踏まえて、最終的にはどのように受給資格を得ればいいのかというところまで、解説したいと思っております。

不景気が続くとどうしても、労働者に対して待遇が厳しくなり、最近では、仕事をしてもしても自立できない若者も増えています。そしてそのような中、また保護のあり方がかわってきているのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする