生活保護費の運用

生活保護費は、都道府県の知事や福祉事務所を管理する町村長で、基本的には地方自治体が、厚生労働省から、受託事務を行っている形になっています。そして、生活保護の法律の取り扱いに関して、厚生労働省が担当しているため、厚生労働省は一般的な部分のみを担当しています。

基本的には、地方自治体が運用しているという風に理解して問題ないと思われます。しかし、実際は、色々なケースでの生活事情があり、生活保護が必要となります。そして、社会福祉主事という役職などがあり、さらに、そのような知事や市長などを支援しています。

さらに、社会福祉主事に協力するため、民生委員を任命したり、ケースワーカーなどが置かれたりしています。そしてそれらの役割を社会全体で守っているわけです。

基本的に、社会保護費に関しては、運営は社会全体で行っているという形ですが、実際は、市民から任命された民生委員や、そして福祉に関してのプロである社会福祉主事などがしっかりとケースワーカーなどと協力して、地域の生活保護世帯などを守っていくということになるのではないでしょうか。

自立していないため、経済的な意味でのプライバシーはなく、色々な意味で、資産の形成などができないため、とてもストレスはかかりますが、一旦受給が可能になると、受給資格を取り下げるように自立するまで支給されます。

そして、支給される中で生活していくわけです。日本では健康保険制度もしっかりとしているので、大きな病気などの問題がなければ、実際受給資格がとりさげられるときに、受給者が亡くなっている場合も多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする