生活保護者の数

生活保護に関しては、日本の経済状況が悪い場合、どんどん増えていきます。そして、生活保護に関しては経済状況がよくなると、受給者の数が減っていきます。そして受給者の数は、経済状況が悪くなれば、増えるわけです。

実際、不景気が続く事で、受給者は増えております。そして、高齢者世帯でも受給する人たちが増えています。やはり、高齢者だけで生活している場合は、生活保護を受給する意外で、自立していくことを考えることがとても難しいからです。

さらに、障害者や疾病者などがいる世帯を考えると、やはり多くの家族がそのような状況になっています。そして母子世帯というのもかなり自立が難しいといわれています。母子家庭は、やはり女性というハンデをもった親が子どもの生活や教育支えきれるのかという部分にあります。

基本的に、生活保護を受けるためには、資産などを全部帆分しなければいけません。そしてさらに、生活保護を受けている間は貯蓄をすることが禁止となっています。そのため、もちろん保護を受けている間は、資産を作る事が認められていません。

しかし、貯蓄がないため、生活保護を受給できなくなると、即座に税金や医療費の支払い義務もあり、そしていきなり入ってきていたお金も無くなる訳ですから、生活保護からの自立は大変難しいという事になります。

そのため、生活保護受給世帯を減らしていくことというのは、きわめて難しいでしょう。そしてその結果、新たな受給者を増やさないように働きかけています。そして、受給者は受給資格をとることが大変難しいといわれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする