生活保護と自己破産

借金がある人で、生活保護が必要な人がいる場合は、借金に対しての扱いがあります。基本的に、深刻な問題ですが、そのような場合は、生活保護のお金から返すということはとても難しいです。なぜなら、生活保護の場合、最低限の生活を送る生活費しかもらえないからです。

そしてその生活を保護するお金から借金を返そうとすると、やはり生活がかなり圧迫されてしまいます。しかし、借金が完全にゼロになる訳でもありません。そして自己破産したような場合と違って、一切の債券が放棄されるわけでもありません。

そして、通常自己破産手続きをしなければ、返済は行う必要があります。そして、そのような場合は、生活保護費の中から、なんとかやりくりをして借金返済をしていく必要があります。どうしても金額が高額な場合は、借金を返済しながら、生活保護費を受給する場合が多いと言われています。

生活保護に関しては、色々な状況でソーシャルワーカーなどの専門の方ともやりとりを行っていきます。そして生活の維持ができるようになります。

そしてそれでも生活が厳しい場合は、自己破産の手続きをする場合もありますし、ソーシャルワーカーなどが相談にのってくれますので、しっかりと相談していきましょう。

生活保護を受ける事ができる場合は、しっかりと関係する人たちと相談にのってもらって進めていく事が大切です。生活をしっかりと立て直していきましょう。そして少しずつでも自立していくことが大切です。生活保護を受け続けなくてもやっていけるようになっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする