生活保護が受けられない場合

■生活保護が受けられない場合
持ち家がある場合もそうですが、他にも色々と生活保護が受けられないケースがあります。例えば、高齢者の場合は、思い出の家を出ばなせず、生活保護の申請をしないで年金だけを頼って生活している人もいます。

そして預貯金がある場合も、同じです。まずはそのような預貯金を生活費に当ててから、相談にきなさいと言われてしまいます。そして生命保険なども解約するように言われます。そして、これらは通院や入院の際に保険金が支払われるため、これらの収入も収入として考えられるわけです。

そして車などがある場合も同じです。車を持っている場合は、基本的には売却するようにいわれます。しかし、タクシーの運転手や自営業、障害者などの人の場合は、売却しなくても良い場合があります。

さらに、親族から生活の援助がある場合は、生活保護が認定されません。そして離婚などで母子家庭になっても、別れた配偶者から養育費などが支払われている場合も同様です。そして株券の保有なども同じ事になります。同様の理由で資産として認められ、生活保護が認められなくなります。

自分の生活が苦しいからといって、すぐに生活保護が受けられるとは限らない訳です。通常はなかなか苦しい事があっても、親族や色々な支援があり、認められないケースも多いです。

そして、そのような支援を得ながら生活することが可能ならば、早くそこから脱出し、自立できるようにしていきましょう。そうすることで、だれにも自己破産せずに生活を立て直すことが可能になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする