生活保護110番について

生活保護に関して悩んでいる方の気になること、知りたいことについてさまざまな情報を掲載しています。

この不景気が続く中、生活保護の認定を受ける人は、日本の経済状況に応じて減ったり増えてたりしていると言われています。その中、最近では、サブプライムショック以降に続く不景気の関連で、とても長い間不況が続き、生活保護を受ける必要がある場合があります。

そのような場合、実際には自分自身がそのような対象になる可能性があるのかという所から、実際受給資格がある場合の内容についてなど、色々な面で、なかなか知られていない場合があります。そのため、そのような点も含めて、このサイトでは、生活保護に関しての情報をご紹介していきます。

生活保護に関しては、生活保護法という法律で、日本人としての権利として、最低限の生活が保障されています。受給資格は、世帯ごとになっており、その世帯ごとの条件に応じて、金額などが変わってきます。

生活保護は基本的に生活を保護するための保障で、金額としての保障と現物保障と複数の観点で行われています。そのため、受給に関しても、その内容に応じて、受給の仕方が色々あります。申請がないと受給できない資格もありますので、その点もご紹介します。

さらに、不正受給をしているような場合は、返納という可能性もあり、資格などが剥奪される可能性ももちろんありますので、やはりそのようなことにならないように、自分の担当者と相談しながら、二人三脚で進めていくことが間違いがすくないでしょう。

世帯ごとに色々な加算がされますので、例えば、介護が必要な世帯の場合、障害者がいるような場合、病気がちの人がいるといった条件に応じて状況が違ってきます。それぞれの家族の状況に応じて、生活保護ということがありますので、やはりその状況をしっかりとケアマネージャーの担当の人と相談しながら、進めていきましょう。

生活保護に関しては、やはり詳細は最終的に地方自治体にとても関連しています。内容も、項目に寄っては、ある自治体にはあるけれども、それ以外のところにはない場合もあります。そして、日本人だけでなく、正式に登録している外国人もその受給資格があります。そのため、外国人特有のニーズなどの部分も一部ケアされている事もありますので、確認を取りましょう。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする